Exhibition view

” Ventilate room” 安藤みちこ展 2005.

ventilateview

大阪の南船場にある雑貨屋さんの一角に展示しました。段ボールにかいた平面作品や、ビニールにかいたもの、キャンバスの油絵を吊り下げて構成し舞台装置のように展示しました。観る人が移動し絵画(平面)の裏側に入り込んだり距離をとる事で舞台の一部になる。一点を正面とし、二次元でしかない絵画(平面)は前後左右に設置することで背後、または前方の平面と物質的な遠近感が生まれる。一枚の絵画の中にある物語(パースフェクティブ)が近所に設置してある別の絵画の物語とつながるとき、舞台装置としての機能をはたす。そして物語の主役は見る人です。安藤みちこ

venven2

ven4