Exhibition view

Do the cleaning 展(2008.6.24~7.6)ニュートロン京都にて

andomichiko_cleaning_26

andomichiko_drawing_05
Drawings.   

andomichiko_cleaning_27

This shot from neutron’s cafe space.

andomichiko_cleaning_02

Oil on canvas.

andomichiko_cleaning_10

andomichiko_cleaning_13

andomichiko_cleaning_20

andomichiko_cleaning_21
andomichiko_cleaning_23andomichiko_drawing_01

Photographed by OMOTE Nobutada (neutron)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安藤みちこは淡路島に生まれ、美術を志して成安造形大学に在学したのを機に京都におよそ10年間
居を構え、3年程前から東京に移り住んでいる。現在は目黒の住宅地にある建築設計事務所の地下の
一室をアトリエとして間借りし、アルバイトと制作に精を出している。そもそも建築と相性の良い彼女に
とって、設計事務所からたまに壁画制作の仕事が舞い込むことも刺激になっている様だ。
 タイプで言えば油絵を主とする平面の作家なのだろうが、安藤の頭の中には常に三次元の構図が
思い描かれている。建築設計図がごとく、パースペクティブに画面の構想を組み立てているのだ。
時にはそれが針金を使った立体的なドローイングとして表されることもあるが、基本は二次元において
表現される。キャンバスに油絵具を使った作品を基軸としながらも支持体は段ボールを用いることも
あったり、はたまたそれらの個別の作品をパーツとして展示会場に合わせて組み立て、一つのインスタ
レーション作品に仕立てることもある。面白いのは、個々の平面作品としても成立しているものが、空間に
意図的に配置されることによってさながら本物の建築の様に、一つの集合体としての存在に変化する
点において、安藤の作品世界は平面に収まりきらない魅力を秘めていると感じられる。
 さりとて欲を張っていてばかりでは表現の奥行きは深まらない。現時点では一つ一つの画面の中に
三次元的なイメージの奥行きをどれだけ描くことができるか、が課題である。今回の個展においては
インスタレーションとしての要素は限りなく薄い。彼女のドローイングやペインティングにどれだけの建築的/
空間的要素が在るかを注目したいところだ。
 しかし二次元/三次元の比較だけで安藤を語ってしまうと片手落ちである。作家が元来惹き付けら
れてやまないのは万物のフォルムであり、色彩であり、それら日頃目にする事象がふとした瞬間に
(それは例えば目眩に襲われた時など)ぐにゃりと歪んで見えたり、安定して見えていたものの中に
突然不安定な緊張感を見いだした時などに、物の成り立ちの危うさや形状の不確定性に想いを巡ら
せずにはいられないのである。対象は建築物に限らず、バラの花弁や人物であっても、問題意識は共有
できるはずである。目下のところはパースペクティブな構図による風景(建物も植物も含まれる)が
描かれる事が多いが、それはおそらく私達の住む世界の身近な光景にこそ、様々なフォルム、色彩、
そして不安定で不確定な要素が多分に含まれていることの逆説的な結果かも知れない。あるいは
作家が人物や動物をモチーフとするよりも、より客観的に構図と色彩と奥行きを表現するのに適して
いるというだけなのかも知れない。いずれにしろ、洋の東西を問わず人為的な産物である建築物の
存在する世界において、彼女の描こうとする試みは概ね同じ意識において、様々なバリエーションを
見せながら展開されることになるだろう。鮮やかさだけでなく渋みを持ち出した色使いに、ひょっとしたら
日本の文化的背景が潜んでいたりするならば、既にその予兆なのかも知れない。
 現在までの安藤の発表の多くは純粋な「ギャラリー」よりもカフェや雑貨店でのインスタレーション、
銭湯や飲食店での壁画作品など、やはり空間と結びつくことによって生まれる表現が圧倒的に多い。
そんな中、先述のとおり今回の個展は画面の中にこそ広がりを求める意味で、今までの個展とは
ひと味違ったものになるだろう。鉛筆でさらさらと描かれたドローイングを張り合わせて、水道管ゲームの
様にイメージを展開するもの、色紙にパステルなどで具体的に描かれるドローイングのシリーズ、そして
油絵のキャンバスはそれぞれ違った魅力を持ちながら、安藤の世界感を違った側面から浮かび
上がらせるものである。アニメーションや立体作品としての展開だって、可能性は無限大である。
 安藤みちこの描く世界は、この世界そのものなのだから。

http://www.neutron-kyoto.com

ニュートロン代表 石橋圭吾